忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/16 NONAME]
[05/15 NONAME]
[05/14 AA]
[05/14 NONAME]
[05/14 JMFファン]
最新TB
プロフィール
HN:
ももでんさんとその仲間たち
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お申込み数によって、ご用意するお座席の数量と配置が異なります。

■71席
 
■84席

PR

チケット代金とドリンク代をまとめてご入金いいただくことができますが、お客様の事情によりご来場できない場合のドリンク代の返金は原則お受けできません

来場に不安がある場合は、チケット代のみご入金いただき、当日、現地受付でドリンク代をお支払いください。

今回より、事前のドリンクオーダーを予定しております。
入荷数把握のために、ご協力をお願いします。(現地で変更は可能です)

ご観覧に関するご案内です。
①会場案内
 以下の劇場サイトをご覧ください
 駅によって劇場までの距離があります。
 道に迷う方もいらっしゃいますので、必ず事前にご確認くださいませ。
 会場内に電話はございませんのでご注意ください。
②入場手続について
会場到着後、会場外階段下で受付を行います。
・受付は本番開始45分前から可能です
・基本的には、置きチケットと同様の入場方法です。
 代表者様は、受付時ご本人確認させていただく場合がございます。
 ご本人様と確認できるものをご持参ください。
 

・受付後、スタンプを押したチケットをお渡しいたします。
 複数回観覧される場合、同じチケットに再度スタンプいたします。
 再入場の際にも必要となりますので、廃棄しないようご注意ください。
・ドリンクコインをお渡しいたします。
③客席開場(本番開始30分前)
・1日目 18:30   2日目 12:30/18:00

・まずは、順路に従ってお座席にお進みください

・お座席に貴重品以外のお手荷物を置くなどして、場内の様子を見てドリンク受付へおすすみください。
④会場内の飲食について
・会場外でお買い求めになった飲食物は場内でのご飲食は出来ません。

・地階会場入り口脇の自販機はご利用いただけますが、会場内への持ち込みはできません。 

・お客様同士の接触などでドリンクが衣類に付着した場合など、当事者同士の話し合いで解決をお願いいたします。
⑤面会に関しまして
・終演後、出演者の面会がございます
面会を希望されるお客様は係員の案内に沿って行動ください。

・面会は最前列のお客様から順にご案内いたします。

・面会時間の制限。面会希望のお客様全員が面会できるよう、1巡目に限り時間制限をもうけさせていただきます。係員が開始と終了時間をお知らせいたしますので、時間をお守りいただき、速やかな交代にご協力をお願いいたします。

・追加応対。1巡した後の追加応対は、出演者に一任されます。
追加応対がある場合、再度お並びいただきます。最後列にお並びください。
出演者の個人的な事情による追加応対の有無・時間には団体は一切関知いたしません。

・面会時間終了後は次回準備・撤収作業などがございますので速やかにご退館をお願いいたします。


会場内大変込み合っております。なにとぞ事情をご理解いただき、ご協力くださいますようお願いいたします。
モモダス運営
JMFイベント申し込みのお客様へ
イベント参加規約
観覧申込みに関する個別規定

第1条:(販売方法)
当申込みサイトはイベントの主宰者より、その販売方法の指示に基づき、申し込み業務を運営しております。 必要に応じて販売枚数や販売方法に制限を設ける場合があります。

第2条:(イベント入場券の購入)
1. 当サイトにおいて、ご購入いただける入場券は、当サイト上にてお取り扱いのあるイベントを対象とします。
2. 参加申し込みに関しては、すべての個別規定が適用されます。
"3.当イベントには、「購入申し込み後の入場券の郵送」はございません。当選後、イベント当日、現場にて
本人確認を取り行い、ギグバンド(リストバンド型入場券)を装着しての入場となります。"

第3条:(購入契約の成立)
参加希望者は、所定の手続きに従って購入申込をするものとし、当該申込手続き完了をもって、原則として購入契約の成立とします。

第4条:(料金の支払い)
"1. 観覧申込みをした場合には、申込者は入場券の代金の他、当団体の定めるサービス利用料として、
「支払いに関わる手数料」や「配送など引き渡しに関わる利用料等」を支払うものとします。"
2. 購入契約の成立にもかかわらず、入金手続きがなかった場合は、当団体が定める入金締切期日の経過をもって当団体は契約を解除することができ、当該者の今後の参加資格剥奪をし、以降の当団体サービスの利用をお断りすることがあります。
3. 当イベントは、主催者が適当と判断する方法にて購入者に事前に通知することにより、各種利用料金の追加・変更及び支払方法を変更できるものとします。

第5条:(入場券の引き渡し)
"1. ご購入契約成立後の入場券の郵送によるお引き渡しはございません。イベント開催当日、受付の際に
本人確認を取り行い、ギグバンド(リストバンド型入場券)をお渡しいたします。"
2. 購入者の事情により入場券をお受け取りになられない場合でも、当イベントはチケット代金、サービス利用料、支払に関する手数料、及び引き渡しに関する利用料等の返金は一切行いません。

第6条:(販売・引き渡しの拒否)
"1.申込者が以下の事項に該当する場合、入場券の販売、または入場券の引き渡しをお断りいたします。
 その場合、主催者は、事前に通知することなく、直ちに申込者及び同伴者の参加資格の停止または剥奪
ができるものとします。その際の返金要求にも応じません。"
1. 当イベントの定める事項について虚偽の申告をした場合、または必要な申告をしなかった場合
2. 当イベント出演者(内外問わず)、当イベント関係者、他の参加者または第三者の迷惑になるような行為をした場合
3. 当イベントが提示したご案内の期限内に所定の手続きをしなかった場合
4. 所定の購入方法を守らなかった場合
5. 所定の期日までに料金等が支払われなかった場合
6. その他本規約に違反する行為をした場合
2. 前項で主催側に発生した損害について、主催側は当該者に損害賠償を請求することができます。

第7条:(申し込み内容の変更・クーリングオフ)
"購入契約が成立した入場券(権利)は、理由の如何を問わず、お客様都合の場合、変更、キャンセルは
お受けできません。 なお、本サイトで販売した入場券には、クーリングオフは適用されません。"

第8条:(チケットの払い戻し)
"1. イベントの内容変更、中止に伴うお客様への告知は興行主催者が行います。 興行主催者側の都合に
よるイベント中止の場合、当該チケット代金の払い戻しが発生いたします。"
2. 払い戻しについては主催者側の設定した払い戻し期間内とし、所定の手続きに従い該当者に返金手続きします。 払い戻し期間を過ぎた場合は一切払い戻しは致しません。
3. 当該者への返金額はチケット代金のみとなり、当団体は当該チケットの券面金額以外の費用(手数料、交通費、宿泊費、通信費、送付料等)の返金は行いません。 なお、返金までに3~4週間程お時間がかかる場合があることを予め了承します。
4.出演者の都合によりイベント参加が不可能になった場合(傷病・冠婚葬祭・その他私的理由など)、主催者側からの払い戻しは致しません。

第9条:(販売の終了・再開)
"チケット販売期間中であっても販売予定枚数に達した時点で個々の興行毎に販売を終了いたします。 
ただし、興行主催者から追加席・追加公演があった場合は販売を再開することがあります。"

第10条:(禁止事項)
"申し込み者は、以下の行為を行ってはならないものとします。以下の行為が判明した場合、興行主催者が
自らの判断で「申し込み権利の無効」「購入済みの入場券を無効」とし、入場券代金の返金を認めず、入場を認めないことがあります。 既に入場している場合には退場を命じられることもあります。
加えて、今後のイベント実施の際、「申し込み順の変更」「代表者だけでなく同伴予定者全員の参加のお断り」をする場合がございます。"
"1. 当サイトから購入したチケットを、営利を目的として第三者に転売し、または転売のために第三者に
提供する行為"
2. チケット券面金額より高い価格で転売し、または転売を試みる行為、オークションまたはインターネットチケットオークションにかけて転売し、または転売を試みる行為
3.主催者側への申告・承諾なしに入場権利を譲渡する行為
4.申し込み来場者名の虚偽申告する行為
5.代表者・同伴者の重複申し込み行為
6.当イベント外での出演者との深刻な問題の発覚
7.その他 本規約に違反する行為全般

第11条:(ミス発券の損害賠償)
チケットの発券上のミスによる当該者の損害賠償の限度額は入場券の券面金額とします。

第12条:(チケットについての免責)
1. 当サイトから直接購入された以外の入場券については、当サイトはその販売責任を負いません。
2. 通信回線の混雑またはコンピューター・システム上の不慮の事故等により、チケット申込や購入の成否の確定またはその通知が大幅に遅れ、または不可能となったとしても、主催者はこれにより参加者または第三者に生じた損害に対し一切責任を負わないものとします。

第13条:(その他)
本個別規定に定める条項のほか、興行主催者が定める約款や規定がある場合は当該規定も適用されます。 本個別規定は、主催者の事業内容の変更や興行主催者からの要請等により、事前通告なく条項を変更・追加する場合があります。

付則:本規定は、日本標準時2015年12月21日(午前0時)より実施するものとします。
以上
JMFイベント申し込みのお客様へ
イベント参加規約
イベント観覧に関する本規約
第1条:(本規約の範囲及び変更)
1.本規約は、Momoyama Industrial(以下、「イベント主催者」といいます)が運営する各種イベントで提供する各種サービス・興行の利用に関し、イベント主催者及び出演者・スタッフ・来場者に適用されるものとします。
2.本規約及び今後ご提供する新サービス毎に規定する個別規定は、本規約の一部を構成します。
3.第3条で定める本サービス利用契約の成立後、全関係者は本契約を遵守する義務を負うものとします。
4.イベント主催者は合理的な範囲・方法により、個別の承諾を得ることなく本規約を変更でき、関係者は予めこれを承諾するものとします。

第2条:(参加契約の締結)
1.当イベントは、参加規約を遵守することが出来るもののみが参加することができるものとします。
2.本イベントへの参加を希望する人は、インターネット(携帯電話およびパソコンからのアクセス)で提供されるイベント参加規約を承諾した上で、所定の手続きに従って、参加をを申し込むものとします。
3.イベント参加希望者が未成年者である場合、希望者は、当イベントに参加することについて、親権者など保護者の事前の同意を得るものとします。

第3条:(イベント参加契約の成立)
参加希望者が、第2条に規定する参加契約の申込を行い、これに対してイベント主催者が申込を承諾した旨を連絡した時点をもって、参加契約が成立したものとします。
主催者は、参加希望者が以下の項目に該当する場合、当該参加契約の申込を承諾しない場合があります。
1.参加希望者が、過去において、当団体に関連するイベントで当団体の規約違反等を行っていた場合
2.申込内容に虚偽、誤記または記入もれがあった場合
3.未成年者である入会希望者が親権者など保護者の同意を得ていない場合
4.その他、合理的な事由により、主催者側が参加契約の締結を不適当と判断する場合

第4条:(連絡事項)
1.本規約の変更の通知、その他イベント主催者から希望者への通知は、電子メール、オフィシャルBlog、フェイスブック、個々の出演者からの連絡手段、またはその他、当団体が適当と認める方法により行われるものとします。
2.前項の通知が電子メールで行われる場合、イベント主催者は参加希望者が予め届け出た電子メールアドレス宛に発信した時点をもって希望者への通知が完了したものとみなします。 参加希望者は、イベント主催者が電子メールで発信した通知を遅滞なく閲覧する義務を負うものとします。

第5条:(申し込み内容の変更)
1.申込者は、前項2の届出を怠ったり、不備があった場合、イベント主催者からの通知または物品の送付が不到達となっても、前条第2項の場合を除き、通常到達すべきときに到達したとみなされることを予め異議なく承認するものとします。
2.第1項の届出を怠ったことによる損害について、イベント主催者は一切の責任を負いません。 また、参加希望者が前記届出を怠ったことによりイベント主催者その他の第三者が被った損害について、参加申し込みをした当該者は全ての責任を負うものとします。
3・参加契約の申込や購入の際に届け出た内容または第1項の届け出内容に間違いがあった場合(電話番号や電子メールアドレス等を誤ってまたは故意に第三者の情報を登録された場合など)必要な範囲において、何ら通知をすることなく、主催者が当該届け出内容の変更を行うことを了承するものとします。

第6条:(参加資格の停止・取消)
1.参加希望者が以下の項目に該当する場合、過去のイベントを含め、イベント主催者は、事前に通知することなく、直ちに当該者の参加資格を停止または取り消すことができるものとします。 また、資格が取り消された場合、当該者は、イベント主催者に対する債務の全額を直ちに支払うものとします。 また、主催者は、理由の如何を問わず、既に支払われた料金等の払い 戻し義務を一切負わないものとします。
1.申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合
2.第9条で禁止している事項に該当する行為を行った場合
3.過去のイベントを含み、料金等の支払債務の履行遅滞または履行不能があった場合
4.購入契約の成立にもかかわらず、振込など入金手続きをされない場合
5.手段の如何を問わず、イベント主催者の運営を妨害した場合
6.営利を目的として、購入もしくは譲り受けたチケットを第三者に販売ないし譲渡した場合
7.その他、本規約に違反した場合や、合理的な事由により参加者として不適切と判断された場合
2.参加者が前項各号に該当する場合、当該者は当該行為によりイベント主催者その他の第三者が被った損害を賠償する責めを負うものとします。

第7条:(利用前の準備)
1.参加希望者は、自己の責任と負担において、当イベントに参加するために必要な携帯電話、通信機器、ソフトウェア、電話利用契約及びインターネット接続契約等を準備するものとします。 また、本サービス利用に関わる一切の通信料、接続料等は参加希望者が負担するものとします。
2.携帯電話の場合、携帯電話の新規発売機種および旧式の機種等、端末によっては本サービスのご利用に対応するまで時間がかかる場合や対応できない場合があることに予め了承するものとします。

第8条:(申し込み情報の利用)
イベント主催者では、下記に掲げる利用目的のためにお客様から収集させて頂いた個人情報を利用いたします。 その他の目的以外に、お客様の個人情報を利用する場合は、お客様に別途連絡の上、個別にご承諾頂かない限り、利用は致しません。
1.チケット販売業務に関する事(第三者提供を含みます)
 1.予約・抽選・販売等注文処理、決済手続、商品配送
 2.興行時、会場入場の際の本人と同伴者の確認・認証
 3.アフターサービス、クレーム対応
 4.イベント中止時の返金のための振替為替等の郵送のため
 5.いかなる場合でも、当イベントに寄せられた情報は他団体のイベントに提供することはございません。但し、無賃入場など悪質な行為が行われた場合、情報共有する場合がございます。"
2.メールなどを利用した情報提供に関する事
 1.チケット購入者に対して、チケット販売時からイベント当日、事後までそれぞれ適切なタイミングでのイベント情報、関連グッズ・デジタルコンテンツ販売イベントなどに関する幅広い情報の提供
 2.次回以降の関連イベントの案内の配信
 3.マーケティング分析、サービス向上に関する事など
 4.居住地・過去当選有無、過去座席などの分析に基づく次回以降の最適販売の推進
 5.参加者の利便性や嗜好・興味に基づく、新システムの開発

第9条:(禁止事項)
参加者は、当イベントの参加にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。
1.他の参加者、第三者または主催者・出演者・スタッフの著作権、肖像権、財産権、プライバシー、名誉、信用もしくはその他の権利を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為
2.前項の他、他の参加者、第三者または主催者・出演者・スタッフに不利益もしくは損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為
3.他の参加者、第三者またはイベント主催者・出演者を誹謗中傷する行為
4.会場付近や最寄駅での出待ち行為
5.入場券を持たずに会場内に侵入する行為。または入場券を受け渡すなどそれを幇助する行為
これが発覚した場合は、当該者及び幇助者全員に入場料の倍額の賠償額の支払い、及び即時退場を課します。過去に内外のイベントに参加し同様の行為を行っていると判断される悪質な場合は、管轄の警察当局への引き渡しをいたします。"
6.公序良俗に反する行為、もしくはそのおそれのある行為、または公序良俗に反する情報を他の参加者または第三者に提供する行為。主催者の承諾なく、本サービスを通じて、もしくは本サービスに関連して、営利を目的とする行為、またはその準備を目的とした行為
7.コンピュータウィルス等の有害なプログラムを、本サービスを通じてまたは本サービスに関連して、使用し、もしくは提供する行為
8.法令に違反する、または違反するおそれのある行為
9.その他、主催者が不適切と判断する行為

第10条:(守秘義務)
1.イベント参加中・参加後に関わらず、参加者は主催者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、主催者の発表している情報以外のイベントの内容・その他情報を他のインターネット媒体に掲載することはできないものとします。

第11条:(サービスの中止・中断・変更等)
1.イベント主催者は、以下の事項に該当する場合、本サービスの運営を中止、中断、変更、停止、廃止、遅滞できるものとします。
 1.システムの保守を定期的にまたは緊急に行う場合
 2.戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、当イベントの提供が通常どおりできなくなった場合
 3.通信事業者のサービスの中止・中断・変更等があった場合
 4.その他、主催者が本サービスの運営上、一時的な中断が必要であると判断した場合
2.主催者側は、前項に基づくイベントの中止、中断、変更、停止、廃止、遅滞について、参加者、または第三者に対し何らの責任も負わないものとします。

第12条:(免責事項)
1.イベント主催者は、当イベントの各種情報の提供、その他当イベントに関連して発生した顧客、または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。 ただし、 当該損害が主催者の故意または重過失により発生した場合は除きます。 また、当イベントへのご参加は、全て参加者の責任において行われるものとします。 なお、未成年者のご参加は、親権者など保護者の同意と責任において行われるものとします。
2.イベント主催者は、参加希望者が申し込みに当たり「入力、送信した個人情報について」は、暗号化処理等を行い、厳重に管理し機密保持に十分な注意を払いますが、情報の漏洩、消失、他者による改ざん等が完全に防止されることの保証は行わないものとします。
3.イベント主催者は、イベント内容、及びイベントにて提供する情報やサービス、及び参加者が、主催者側がお送りした電子メール等を通じて得る情報等に関して、その安全性、正確性、確実性、有用性、最新性、合法性、道徳性等のいかなる保証も行うものではありません。
4.主催者が運営するオフィシャルサイトからリンクされている各サイトに含まれている情報、サービス等については、一切関知しておらず、一切の責任を負わないものとします。
5.主催者は、オフィシャルサイトにより販売されるチケット等の販売数量が参加希望者全ての購入希望を満たすことを保証するものではなく、また、同サイトにより販売されるチケット等に記載された内容が真実であること(記載どおりに挙行されることを含みます)についていかなる保証も行わないものとします。
6イベント.主催者は、ある一部の参加者・出演者の行為により他の参加者・出演者、または第三者が被った損害について、何らの責任も負わないものとします。
"7.当イベントは、OLCをはじめ、他のいかなる企業・団体とも責任を共有しておりません。当イベントに関して
関連の無い他の企業・団体への問い合わせ・抗議など一切お断りいたします。"

第13条:(準拠法)
本規約の成立、履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

第14条:(紛争解決)
1.当イベントに関連して、参加者と主催者と出演者との間で紛争が生じた場合には、当事者間において誠意をもって協議し解決するものとします。
2.協議をしても解決しない場合、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付則:本規約は、日本標準時 2015年12月21日(午前0時)より実施するものとします。
以上
HOME 次のページ